手首の痛みTFCC損傷について|高砂 まえかわ整骨院

2018年06月2日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は手首の痛みで腱鞘炎の一つ、TFCC損傷についてお話させていただきます。

 

TFCC損傷は手首を尺屈(小指側に倒す方向)すると痛みが出る腱鞘炎です。

 

手をついてこけたときに尺骨の位置が本来の位置よりも上にいき、引っかかって痛みがでるものもあります。

 

これを尺骨突き上げ症候群ともいいます。

 

TFCC損傷の概要、原因、治療法についてはこちら

      ↓↓

TFCC(三角繊維軟骨結合体)損傷について

TFCC(三角繊維軟骨結合体)損傷とは手首の小指側にある軟骨

痛みがでるものを言います。

手首を回したり、ひねったりするなどのラケット競技に多く

みられます。

また、産後の女性で関節がゆるくなっている時に

家事や育児(赤ちゃんの抱っこ)などで手首を酷使し、

痛みが出るものも多くみられます。

 

 

TFCC(三角繊維軟骨結合体)損傷になる原因

・ラケット競技をしている

・手をついてこけた

・PCやスマートフォンによる手首の使い過ぎ

・産後の家事、育児

 

TFCC(三角繊維軟骨結合体)損傷の治療

炎症が強くみられる場合はアイシング、テーピングを行い

できる限り安静に保ちます。

損傷した軟骨の修復を行う事はできませんが、痛みの起こりにくい

骨格を作ることは可能です。

主に手関節、肘関節の関節可動域の正常化、筋肉の柔軟性を高めます。

日常生活でも手首を酷使する生活を避ける、

ラケット競技でのフォーム改善に取り組み、回復を図ります。

 

最近野球など部活動をしている学生にこの手首の痛みが見られるので長く競技を続けるためにもしっかり根本改善していきましょう。

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

手首の痛み、腱鞘炎について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月8日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は腱鞘炎についてお話させていただきます。

 

最近、産後の患者様が来られることが多く、手首の痛みでお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 

産後の方はホルモンバランスの関係もあり関節がゆるくなることで痛みが出るケースが多くあります。

 

さらに子育てなどで手首を使うことからも症状を誘発させる原因にもなります。

 

子育てを続けるためにも適切な治療が必要になりますのでこちらをご覧ください。

 

〇腱鞘炎について

腱鞘とは手足に多くあり、腱がずれないようにするためのトンネルのようなものを言います。

手を酷使すると腱が腱鞘の中を行ったり来たりと移動します。

その摩擦により炎症が起きたものを腱鞘炎と呼びます。

【腱鞘:腱を覆い包んでいる組織】

【腱:筋肉の両端にあって、骨に筋肉を付着させるひも状の組織】

腱鞘のある部位ではどこでも発症しますが、親指に多く起こります。

 

〇腱鞘炎になる原

・手首の使い過ぎ

・重たいものを持つ

・産後に育児や家事などで手を酷使している

・細かい作業を行う仕事(工場、製造業、手芸 等)

 

〇腱鞘炎の治療

炎症が強くある場合はアイシング、固定を行い可能な限り安静に保ちます。

さらに腱や腱鞘に負担を作らないためには、関連する筋肉の

柔軟性を高めることや、関節可動域の改善を図り、痛みが

起こりにくい骨格を作ります。

日常でも手首を酷使するような生活はできる限り避け、

セルフストレッチを行う事で早期改善に繋がります。

 

腱鞘炎にも様々種類があり、異なるのでお困りの方は是非当院へお越しください。

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓