ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月15日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は、バスケットボールやバレーボールをしている方に多い膝の痛みについてお話させていただきます。

 

〇ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)について

ジャンパー膝は膝蓋靭帯炎とも呼ばれます。

膝蓋靭帯とは膝のお皿より下の部分を言います。

膝蓋靭帯は太ももの筋肉(大腿四頭筋)と繋がっています。

 

大腿四頭筋が硬くなると、膝蓋靭帯も上方向へ引っ張られ、

お皿の部分で摩擦が起きやすくなります。

膝のお皿の下を押さえると痛みが出ます。

ひどくなると、腫れや熱感などもあります。

 

〇ジャンパー膝になる原因

・バレーボールや、バスケットボール等のジャンプ競技をしている。

・太ももの前側の筋肉が硬い

・股関節、膝関節の可動域制限がある

・12~20歳に多い

 

〇ジャンパー膝の治療

炎症が起こっている場合は、アイシング・テーピング等を施し

患部を安静にさせます。

さらに痛みの改善、スポーツの早期復帰のためには

膝だけではなく下肢全体のバランスを見直す必要があります。

膝蓋靭帯から繋がっている太ももの前側の筋肉の硬さが大きな

原因の一つとなるので、ストレッチや下肢の各関節部の可動域の

改善を行うことで症状は解消します。

 

あくまでもスポーツをしている方に多いのであってスポーツをしていない方にも痛みが出ることはあります。

 

膝のお皿の下の部分に痛みがある方は当院へご相談ください。

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓