冷房での冷えむくみについて|高砂 まえかわ整骨院

2018年07月27日

こんにちは!高砂市で根本治療をおこなっております、まえかわ整骨院です

 

暑い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

会社の室内や電車の中では

冷房が強めにかかっていると感じることはありませんか?

 

特に女性の方のお悩みで多いのが、むくみです。

むくみの原因は、日常生活による冷房での冷えなのです。

 

 

体の冷えが全身の血行のめぐりを悪くさせてしまい、

むくみやすい状態にさせてしまうのです。

 

特に、働いている女性はオフィスで一日中働きづめという

ケースもあります。

過剰なくらい冷房が効いている場所だと

どうしても体が冷えてしまいます。

そのうえ、長時間のデスクワークや同じ体勢を続けるので

ますます下半身の血行が悪くなります。

そうなると、老廃物や余分な水分をため込みやすい

状態になります。

 

またそれ以外にも、筋肉を硬くさせ脂肪の燃焼効率を悪化させ、

脂肪が蓄積されやすい状態になります。

そして、脂肪と老廃物と水分が結びついて、セルライトが作られやすい

環境になってしまうのです。

 

 

では、冷えによるむくみを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか??

 

ここからは、むくみを防ぐ対策についてお話します。

 

・マッサージをする

足の裏をマッサージしたり、足を少し高くして横になる、

むくみ防止効果のあるソックスを利用する、足を温める、

といった方法があります。

 

・冷たい食品を避ける

冷たい食品や飲み物は体を冷やしてしまうので

できるだけ避けるようにしましょう。

 

・むくみ解消ストレッチをする

座ったまま、足を前に投げ出して足首を動かします。

このようにするだけで、血流がだいぶ良くなります。

 

・服装を調整する

カーディガンやストールのような羽織物をかける。

靴下やレッグウォーマーを履く。

ストールを巻く。

首元の冷えは、頭痛などを招くこともあります。

また、ひざ掛けを利用するのもいいですね。

 

いかがでしたか?

 

暑い夏場は熱中症対策ももちろん大切になってきますが、

冷えによるむくみ対策も大切です。

体が冷えてしまうと、むくみだけでなく

頭痛、肩こり、腰痛、疲労感、食欲不振、など

いろいろな症状を引き起こす原因にもなってしまいます。

ご自身でできる対策を心がけてみてください。

 

 

その他、なにかお困りのことがある方は

まえかわ整骨院までご相談くださいませ。

 

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓