梅雨明けの7月は熱中症に注意|高砂 まえかわ整骨院

2018年07月17日

こんにちは!高砂市で根本治療をおこなっております、まえかわ整骨院です

 

梅雨が明けたとたん、7月は暑い日が続いてます。

 

毎日冷房や扇風機などがないと過ごしにくい季節になってきました。

 

冷房や扇風機を全く使わないのも熱中症になるリスクが上がりますが、冷やしすぎても身体にとっては毒になる場合もありますので注意が必要です。

 

うまく使って暑い夏を乗り切るようにしましょう。

 

ここで熱中症を予防する対策についてお話します。

 

体調を整える

普段から、食事・睡眠を十分にとって体調を整えることが大切ですが、

もし体調がすぐれない日があるならば、

その際の暑い日中の外出や運動は控えるようにしましょう。

 

服装に配慮する

外出する際は帽子をかぶるようにしましょう。

 

こまめに水分補給をする

これは世間でも、すごく重要視されていることです。

特に夏場は汗と一緒に塩分も失われているので、

スポーツドリンクなどがお勧めです。

 

年齢も考慮して

小さなお子様や、高齢者の方は、熱中症にかかりやすい傾向があります。

 

これらの項目が熱中症にならないために気をつけておきたいポイントです。

 

では次に、もしも熱中症になってしまったら、、、のお話です。

熱中症かもしれない、と思ったらまずしなければならない基本的なことです。

 

・涼しいエアコンの部屋や、日陰などの涼しい場所に移動する。

・衣類をゆるめる

・体を冷やす

氷や冷たい水で濡らしたタオルを手足に当てて冷やす。

・水分を補給する

先ほどもお話しましたが、汗と一緒に塩分も失われているので

スポーツドリンクを何回にも分けてこまめに補給します。

 

これらのことは、お分かりの通り、自分自身が熱中症になってしまった場合にも

自分でできる応急処置になります。

もちろん、自分の周りの家族や友人が熱中症になってしまう可能性も十分に考えられるので、

その際にサポートができるように、しっかりと覚えておいていただきたいです。

 

それでも体調がすぐれない場合は、決して放っておかないで

早めに病院に行くようにしましょう。

 

今年もすでに、熱中症で搬送された方がおられるというというニュースを見ました。

みなさん一人ひとりが熱中症にならないために心がけて

快適な夏を過ごしましょう。

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓