オスグッド・シュラッター病について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月21日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

5月も中旬になり、部活動などされている方は練習も激しくなってきたのではないでしょうか?

 

そこで本日は部活動をしている10~13歳の子に多い膝の痛み、オスグッド・シュラッター病についてお話させていただきます。

 

〇オスグッド・シュラッター病について

太ももの前側にある大腿四頭筋という筋肉は、

膝のお皿の下あたりに脛骨粗面と呼ばれる部位があり、

そこに付着しています。

 

過度な運動を行うことで、大腿四頭筋に過剰なストレスがかかります。

そうすると、脛骨粗面に常に引っ張る力が加わるので、炎症を起こします。

ひどくなると、骨がボコッと隆起してきます。

 

〇オスグッド・シュラッター病の原因

・10~15歳の成長期

・スポーツで跳んだり走ったりを繰り返す

・地面に踵をつけたまましゃがめない

・身体の柔軟性が低い

 

〇オスグッド・シュラッター病の治療

筋肉の引っ張る力により、少しずつ隆起した骨は、元の骨格には

戻せません。

しかし痛みのない状態に改善させることは可能です。

大腿四頭筋の柔軟性を高め、骨盤や股関節以外の

下肢(股関節、足関節)にもアプローチを行う事で、

痛みの出ない骨格を作ります。

 

中学校に入学し、部活動の練習が本格化されるこの時期に最も多いので今後怪我のない身体を作るために今のうちに正しい知識を身に着け、正しい治療を行い、快適に部活動に取り組めるようにしていきましょう。

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

野球肩について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月11日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

5月も中旬に入り、学生の部活動などはシーズン真っ只中だと思います。

 

特に野球は夏の大会に向けて練習を行っているのではないでしょうか?

 

そこで本日はピッチャーに多い障害、野球肩についてお話させていただきます。

〇野球肩について

野球肩とは投球動作によって起こる肩関節のスポーツ障害です。

肩関節に付着する組織(腱や筋、関節包)の損傷で、

痛めた部位によって、肩の前方、または後方に症状が現れます。

 

野球をしている方に多くみられますが、他にもハンドボールや

バレーボール、陸上競技の槍投げなど肩に負担がかかるスポーツ

でも発生します。

 

〇野球肩になる原因

・肩周辺の筋肉の柔軟性の低下

・過剰な投球、肩の使い過ぎ

・投球フォームが乱れている

・野球の場合、ピッチャーをしている

 

〇野球肩の治療

一般的な野球肩の治療は、「安静にする」ことが多いです。

しかし、競技能力が落ちてしまう…。試合に出られなくなる…。

という精神的な面も含めて無理に練習を継続される方がほとんどです。

痛みを取る為の治療はもちろんですが、痛みが起こりにくい肩、

体を作ることが重要です。肩関節周囲の関節、筋肉の柔軟性を

高め、体の負担を最小限にする為のフォーム改善を行います。

 

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

ゴールデンウィークは捻挫など怪我に気をつけましょう|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月2日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日5/2はゴールデンウィーク真っ只中で外に出かけられることが多くいらっしゃると思います。

 

普段の生活と異なったことをして、怪我をしてしまわないように注意しましょう。

 

一番多い怪我の例でいうと足首の「捻挫」です。

 

先日患者様で、バーベキューをしている時に川で遊んでいる時に足首を捻って捻挫してしまったという方がいらっしゃいました。

 

足首の捻挫は度合いにもよりますが直後の治療がかなり大事になってきます。

 

軽いから大丈夫と自分の感覚だけでは決めてしまわずしっかりと治療していきましょう。

 

後々痛みがひどくなったり、捻挫が癖にならないよう気をつけるように治療していきます。

 

まず捻挫の処置としてはRICE処置を行います。

 

R・・・(Rest)安静、患部を動かさない

怪我直後から痛めた部位の靭帯や細かい組織などの修復作業が始まります。

しかし、患部を安静させずに運動を続けることで患部にストレス、負担がかかってしまい修復作業が遅れます。

その遅れが結果的に完治を遅らせしかも靭帯などの組織が伸びきった状態になってしまい、捻挫癖などがつく原因になります。

 

I・・・(Ice)アイシング、患部を冷やす

冷やすことで痛みを緩和させることができ、また血管を収縮させることによって腫れや炎症を引かせることができます。

 

C・・・(Compression)圧迫、患部を圧迫させる

適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症を引かせることができます。

 

E・・・(Elevation)挙上、患部を上にあげる

心臓より高い位置に挙上をすることで重力を利用し腫れや炎症を引かせることができます。

 

足首の捻挫が癖にならないようには正しい治療が必要です。

 

捻挫してしまった方は早期治療が必要ですのでお気軽に当院にお問合せ下さい。

 

その後のリハビリも行って根本改善するようにしましょう。

 

スポーツ中に足首をいためてしまった男性のイラスト|高砂市まえかわ整骨院

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

ランナー膝(腸脛靭帯炎)について|高砂市 まえかわ整骨院

2018年04月25日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日はランニングブームにちなんでランナーの方に多い膝の痛みについてお話させていただきます。

 

ランナーのみなさん、走っているうちにだんだん膝の外側が痛くなることありませんか?

 

普段の生活では支障がないのに走ると時間がたつにつれ痛くなったり、階段を上り下りする時に違和感が出たり、太ももの外側からおしりにかけて張っているような感覚など、このような方はランナー膝(腸脛靭帯炎)を疑いましょう。

 

簡単な概要などはこちら↓↓

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)について

ランナー膝は腸脛靭帯炎とも呼ばれ、膝の外側の腸脛靭帯の付着部分で炎症を起こします。

 

ランニングのような繰り返しの膝の屈伸運動で腸脛靭帯と大腿骨に摩擦が反復的に起こる事で、損傷すると言われています。

痛みを我慢しながら練習を続けると競技中にも痛みを伴い、競技を続行するほど強く痛みが出る場合もあります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になる原因

・X脚/O脚

・走るフォームに乱れがある

・姿勢が悪い

・筋肉の柔軟性低下

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の治療

痛みの原因となっている腸脛靭帯の柔軟性をつけ、大腿骨との摩擦が起きにくい身体を作ることが重要です。

また運動するフォームにより腸脛靭帯の摩擦が起こる場合もあるので、再発予防のためにも運動フォームの改善が必要となります。

 

ランナー膝の大きな原因は脚の外側に負担がかかり、走っている時の着地が外側から着地している方が多いです。

 

靴のすり減りが外側の方がすり減っていないか、確認してみてください。

 

根本的に走るフォームを改善することで走っても痛くならないように身体を作ることができます。

 

足の親指側から着地するように、まず歩くところからフォームを改善していきましょう。

 

それでも走っているうちにまたすぐ外側に着地してしまう方は骨盤の歪み、股関節の動きやおしりの筋肉などに異常があるかもしれません。

 

当院では長く走れるような身体作りのためのサポートをしていきます。

 

特に何度も繰り返している方は根本的な原因があるはずですので膝の痛みなどでお困りの方は当院へご相談ください。

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

活発になる季節は肉離れに注意【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年03月14日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日スポーツなどしている際に多い肉離れについてお話させていただきます。

 

肉離れは大腿直筋という太ももの前側の筋肉がなりやすいと言われています。

 

膝を曲げ、股関節を伸ばした状態でき急激に筋肉に力を入れて動かそうとし、収縮させると肉離れが起きやすくなります。

 

肉離れになる原因は

・筋疲労

 

・筋肉の柔軟性の低下

 

・コンデション低下

 

・不適切なウォーミングアップ

 

などがあげられます。

 

動作ではランニング、スタートダッシュ、蹴る動作、ジャンプなど、急激に力を入れる時に多いです。

 

肉離れの症状は

大腿の前側に痛みがあり、重症度によって違いますが、腫れや熱感、圧痛、硬結、肉離れを起こしている筋肉を伸ばそうとると痛みで制限がかかる。

 

腫れなどの皮下出血斑は24時間以内ではあまり出てこないので注意が必要です。

 

完全に筋肉が断裂すると陥凹ができます。

 

損傷度は3度に分けられる

 

1度

一般的に軽度な痛みで、筋腱複合体の最小限の損傷。

軽い炎症症状として腫れ、可動域制限、筋の機能の低下などがみられる。

(治癒期間1~3週間

2度

筋力や可動域が制限される筋腱移行部の損傷

(治癒期間1~2か月)

3度

非常に大きな負荷による筋腱移行部の断裂

(治癒期間6か月以上)

 

肉離れの治療

初期治療はRICE処置と言い、安静、冷却、圧迫、挙上を行います。

 

急性期を過ぎると関節可動域訓練や逆に温めたり、ストレッチなどを行い、再発防止を図ります。

 

適切な初期治療、急性期が過ぎたあとのケアを怠るとまた肉離れをおこしやすくなってしまいます。

 

当院では怪我を治すだけの治療ではなくその後も思い切りスポーツができる身体を作る治療を行います。

 

これから春になり活発になると肉離れも起きやすくなるのでお困りの方は当院へお越しください。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓
tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
高砂 まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!
お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

〒676-0805
兵庫県高砂市米田町米田92-2
まえかわ整骨院

フルマラソンを走り切る身体を作るには【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年02月26日

こんにちは。高砂市で根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体を行っていますまえかわ整骨院です。

 

先日東京マラソンで設楽選手が16年ぶりに日本記録を更新しました。

 

おめでとうございます!

 

ますますマラソンブームが波に乗りそうですね。

 

そこで本日はランニングについてのお話をさせていただきます。

 

近年患者様の中でも、ランニングやマラソンについてご質問を受けることがよくあります。

 

マラソン人口は年々増加している一方でランニング時の足の痛みやトレーニング方法がわからないとご質問を受けることがあります。

 

ドラマ、『陸王』でもヒットがあり、ランニングフォームやランニングシューズなどに関心を持つ方も増えてきました。

 

しかし間違った情報で足を怪我する方が多いのが現状です。

 

まずランニングフォームについてですが、フルマラソンで2時間台で走る方と3時間、4時間とかかる方が同じフォームで走れるわけがありません。

 

トップレベルの選手は近年、つま先着地のフォアフット着地が主流になりつつありますが、これを一般ランナーの方が真似をしようとしてもふくらはぎ(腓腹筋、ヒラメ筋、アキレス腱など)への負担が大きすぎます。

 

無理なく効率よくフルマラソンを走るのはまず、かかと着地が必須です。

 

かかとで地面をとらえ、スムーズにつま先で蹴ることを意識します。(速歩きをしながらそのまま走りにもっていくようなイメージをもつと良いです。)

 

走ると自分の身体の3倍の重力がかかると言われていますので、ふくらはぎなど小さな筋肉ではカバーしきれないのです。

 

その点ではかかと着地になると、太ももの大きい筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングスなど)を使えるので全体でカバーすることができます。

 

スピードは出ませんが、長い距離を走るには必要です。

 

何事もそうですが、一流の真似をすれば良いということではありません。

例えば、東京マラソン日本人1位となった設楽選手、日本人2位になった井上選手は練習の過程、ランニングフォームなどまるで違います。

 

このようにその方に合った練習過程、ランニングフォームがありますので、自分の目標に合った練習を行いましょう。

 

マラソンに必要な筋力や、筋肉の柔軟性、各関節の動き、身体のゆがみなど細かく見ていくと怪我に負けない身体が作ることができます。

 

当院ではそういった様々な要望に合わしていくことで強靭な身体を作っていきます。

 

走ろうとしてもすぐに足が痛くなる、自分に合ったトレーニング方法などがわからないなどお悩みの方は是非まえかわ整骨院へご相談ください。

 

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓
tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
高砂 まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!
お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

〒676-0805
兵庫県高砂市米田町米田92-2
まえかわ整骨院