ゴールデンウィークは捻挫など怪我に気をつけましょう|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月2日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日5/2はゴールデンウィーク真っ只中で外に出かけられることが多くいらっしゃると思います。

 

普段の生活と異なったことをして、怪我をしてしまわないように注意しましょう。

 

一番多い怪我の例でいうと足首の「捻挫」です。

 

先日患者様で、バーベキューをしている時に川で遊んでいる時に足首を捻って捻挫してしまったという方がいらっしゃいました。

 

足首の捻挫は度合いにもよりますが直後の治療がかなり大事になってきます。

 

軽いから大丈夫と自分の感覚だけでは決めてしまわずしっかりと治療していきましょう。

 

後々痛みがひどくなったり、捻挫が癖にならないよう気をつけるように治療していきます。

 

まず捻挫の処置としてはRICE処置を行います。

 

R・・・(Rest)安静、患部を動かさない

怪我直後から痛めた部位の靭帯や細かい組織などの修復作業が始まります。

しかし、患部を安静させずに運動を続けることで患部にストレス、負担がかかってしまい修復作業が遅れます。

その遅れが結果的に完治を遅らせしかも靭帯などの組織が伸びきった状態になってしまい、捻挫癖などがつく原因になります。

 

I・・・(Ice)アイシング、患部を冷やす

冷やすことで痛みを緩和させることができ、また血管を収縮させることによって腫れや炎症を引かせることができます。

 

C・・・(Compression)圧迫、患部を圧迫させる

適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症を引かせることができます。

 

E・・・(Elevation)挙上、患部を上にあげる

心臓より高い位置に挙上をすることで重力を利用し腫れや炎症を引かせることができます。

 

足首の捻挫が癖にならないようには正しい治療が必要です。

 

捻挫してしまった方は早期治療が必要ですのでお気軽に当院にお問合せ下さい。

 

その後のリハビリも行って根本改善するようにしましょう。

 

スポーツ中に足首をいためてしまった男性のイラスト|高砂市まえかわ整骨院

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

足底筋膜炎について|高砂市 まえかわ整骨院

2018年04月20日

こんにちは!高砂市 まえかわ整骨院です。

 

本日は足底筋膜炎についてお話させていただきます。

 

足底筋膜炎について

足裏にある足底筋膜に炎症や変性を起こした状態を指します。

 

歩行やランニングでかかとから足裏にかけて痛みが出てくるのが一般的な症状です。

 

繰り返し行われるランニングやジャンプ、長時間の立ち仕事などで足底筋膜が過度に伸ばされることによって発症します。

 

症状が酷くなると歩行障害も見られます。

 

足底筋膜炎になる原因

・偏平足、足首が硬い

・立ち仕事が多い

・歩行、ランニング時につま先、足裏全体で着地している

・合わない靴を履いている

 

足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎は足首の関節の動きに制限があることや、足底のアーチが崩れてしまうことによる痛みが多くみられます。

 

足関節の可動域の改善や、筋肉の柔軟性アップ、足底部のアーチを定着させることで痛みの改善を図ります。

 

また、歩行状態の改善と、体重のかかり方に偏りが起こらないために、姿勢の改善を行うことにより再発防止に繋がります。

 

足底筋膜炎はランニングなどをしているアスリートにも見られますが、主婦の方などでもみられることもあります。

 

特に足首の伸展動作が正常な動きよりも硬い方に多くみられます。

 

原因としては足首が伸展しないために、極端に言うとつま先着地になります。

 

つま先着地になると足の裏の負担が大きくなりそれが日常的に続くことで足底筋膜炎になります。

 

足首の伸展動作の正常な角度は25度と言われています。

 

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋など)が硬くなったり足首の関節自体が硬くなると25度まで動かなくなります。

 

当院ではその目安をはかるためにもストレッチボードをおいております。

 

 

ふくらはぎの柔軟性は足首、膝にも関係するところなので非常に大事なところになります。

 

他にも身体全体のバランス冷え、むくみなどにもかかわります。

 

足底筋膜炎、足首が原因かもしれませんので一度このストレッチボードに乗って目安をはかりましょう。

 

お困りの方は足底筋膜炎を根本的に治療しているまえかわ整骨院へお越しください。

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)

交通事故治療
LINE「友だち」追加⇓⇓

偏平足は子供の頃の生活習慣が影響します【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年03月9日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は現代人に多く小さいお子さまなどに急増している偏平足についてお話させていただきます。

 

偏平足とは

 

足のアーチが低下して、足裏が扁平なった状態を指します。

 

一般的には土踏まずがなくなる=偏平足と言われますが、元々足底部の筋肉や脂肪が厚い場合もあるので、偏平足かどうかを判断するのは足の骨の配列で決まります。

 

偏平足を放置しておくと、足の変形や外反母趾などの二次障害にもつながるので注意が必要です。

 

 

偏平足になる原因

・O脚

・X脚

・運動不足

・足底部の筋力低下

・ハイヒールや合わない靴を履いている

 

などがあげられます。

 

偏平足の治療法

足底のアーチの回復を図りながら、脚全体の姿勢バランスを調整していきます。

 

さらに再発防止のために、自宅で簡単に行える足底部の筋力トレーニングや、歩行状態の改善・指導を行います。

 

今履いている靴の見直しなど、日常生活にも変化をつけることで早期改善に繋がります。

 

 

近年お子様方は外で遊ぶ機会が昔に比べると減っているので筋力低下から足の本来のアーチがなくなってしまう子が多いと言われています。

 

さらに裸足で歩くこともないことから足の裏が使えなく筋力低下が起こるとも言われています。

 

小さいころから裸足で歩いたり走ったりするとうまく足の裏を使えるようになり大人になっても予防ができますので小さなお子様がいる方は裸足で遊ばせてあげるのをおすすめ致します。

 

「偏平足」は様々な症状、身体の歪みにつながるのでご自身の状態が気になる方はまえかわ整骨院へご相談ください。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓
tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ

高砂 まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療

LINEでご予約できます!
お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

〒676-0805
兵庫県高砂市米田町米田92-2
まえかわ整骨院