オスグッド・シュラッター病について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月21日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

5月も中旬になり、部活動などされている方は練習も激しくなってきたのではないでしょうか?

 

そこで本日は部活動をしている10~13歳の子に多い膝の痛み、オスグッド・シュラッター病についてお話させていただきます。

 

〇オスグッド・シュラッター病について

太ももの前側にある大腿四頭筋という筋肉は、

膝のお皿の下あたりに脛骨粗面と呼ばれる部位があり、

そこに付着しています。

 

過度な運動を行うことで、大腿四頭筋に過剰なストレスがかかります。

そうすると、脛骨粗面に常に引っ張る力が加わるので、炎症を起こします。

ひどくなると、骨がボコッと隆起してきます。

 

〇オスグッド・シュラッター病の原因

・10~15歳の成長期

・スポーツで跳んだり走ったりを繰り返す

・地面に踵をつけたまましゃがめない

・身体の柔軟性が低い

 

〇オスグッド・シュラッター病の治療

筋肉の引っ張る力により、少しずつ隆起した骨は、元の骨格には

戻せません。

しかし痛みのない状態に改善させることは可能です。

大腿四頭筋の柔軟性を高め、骨盤や股関節以外の

下肢(股関節、足関節)にもアプローチを行う事で、

痛みの出ない骨格を作ります。

 

中学校に入学し、部活動の練習が本格化されるこの時期に最も多いので今後怪我のない身体を作るために今のうちに正しい知識を身に着け、正しい治療を行い、快適に部活動に取り組めるようにしていきましょう。

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

交通事故に遭った時損をしないために・・・|高砂 整骨院

2018年05月19日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は交通事故治療についてお話させていただきます。

 

先日、交通事故に遭われた方で首の痛みでお悩みの方がおられました。

 

その方は交通事故に遭われた直後は追突されましたが痛みがなかったので、警察の届け出を出し、病院には行かず、そのまま過ごされていました。

 

その直後は大丈夫だったので保険も人身扱いではなく物損事故として対処しましたが、数日後には首の痛みが出始め、仕方がなくご自身の任意保険で病院で治療を行っていました。

 

1か月ほど病院に通院し、低周波の電気や牽引など行ったようですが、症状は変わらず、そこで通院するのをやめました。

 

そこで治療をやめてから1か月以上たった時に当院に来られましたが、1か月たっていたので交通事故治療扱いはできなくなり、自費治療を行うことになりました。

 

1か月ほど通院していただくと症状は少し改善してきましたが、本来、交通事故治療で自賠責保険適用となる治療ではあるので患者様の精神的な負担はあるようでした。

 

このように交通事故治療は正しい知識がないと身体的にも金銭面的にも損をすることがあります。

 

まず事故に遭われた時は症状がなくとも、お近くの病院や整骨院に相談するようにしましょう。

 

そこで問題なければ大丈夫なので問題があるかどうか適切な診察を受けれるようにしていきましょう。

 

治療に関してもそうですが、保険の手続きに関してもわからないことがあれば、ご相談だけでも当院へお気軽にお問合せください。

 

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

腰痛予防になる梨状筋のセルフストレッチ|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月18日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は自宅でできる腰痛などの予防になるセルフストレッチについてお話させていただきます。

 

腰の痛みなどは、腰の筋肉ももちろんですが、お尻の筋肉や股関節なども大きく関わります。

 

腰痛は骨盤や腰の骨(腰椎)の歪みによって痛みがでると言われています。

 

その歪みに対して大きく関わるのがこのお尻の筋肉の梨状筋という筋肉です。

 

この筋肉は骨盤から股関節にかけて筋肉が付着しています。

 

ここが硬くなると筋肉に引っ張られるように骨盤や身体の歪みが生じます。

 

さらにこの筋肉は坐骨神経を通るところでもあるので坐骨神経痛などのも関わることがあります。

 

梨状筋の画像はコチラ⇓⇓

 

ただ一度身体が歪んだり、関節が硬くなると筋肉に対してのストレッチだけでは治すという意味では効果は薄いのであくまでも予防として行うことをおすすめ致します。

 

腰がや身体の不調が起こってから治すのも必要ですが、痛みの出ない身体作りにために予防施術もありますので、一度お身体を見直しておきたいという方当院へお気軽にご相談ください。

 

自宅でできる梨状筋のセルフストレッチについてはこちら

         ↓↓

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月15日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は、バスケットボールやバレーボールをしている方に多い膝の痛みについてお話させていただきます。

 

〇ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)について

ジャンパー膝は膝蓋靭帯炎とも呼ばれます。

膝蓋靭帯とは膝のお皿より下の部分を言います。

膝蓋靭帯は太ももの筋肉(大腿四頭筋)と繋がっています。

 

大腿四頭筋が硬くなると、膝蓋靭帯も上方向へ引っ張られ、

お皿の部分で摩擦が起きやすくなります。

膝のお皿の下を押さえると痛みが出ます。

ひどくなると、腫れや熱感などもあります。

 

〇ジャンパー膝になる原因

・バレーボールや、バスケットボール等のジャンプ競技をしている。

・太ももの前側の筋肉が硬い

・股関節、膝関節の可動域制限がある

・12~20歳に多い

 

〇ジャンパー膝の治療

炎症が起こっている場合は、アイシング・テーピング等を施し

患部を安静にさせます。

さらに痛みの改善、スポーツの早期復帰のためには

膝だけではなく下肢全体のバランスを見直す必要があります。

膝蓋靭帯から繋がっている太ももの前側の筋肉の硬さが大きな

原因の一つとなるので、ストレッチや下肢の各関節部の可動域の

改善を行うことで症状は解消します。

 

あくまでもスポーツをしている方に多いのであってスポーツをしていない方にも痛みが出ることはあります。

 

膝のお皿の下の部分に痛みがある方は当院へご相談ください。

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

正しい姿勢について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月12日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は動画を交えて正しい姿勢についてお話させていただきます。

 

まず正しい姿勢は横から見たときに耳から肩にかけて一直線になる姿勢が正しい姿勢です。

これが成り立つためには首の骨から腰の骨にかけてゆるやかなS字になっていることが正しい姿勢です。

 

この人間の姿勢の崩れを大きく分けると2種類あります。

 

その一つの崩れ方はS字がなくストレート気味になっている状態のことを言います。

 

本来はゆるやかなS字になることで姿勢をまっすぐたてるようになりますが、このカーブがなくなるとストレート気味になり重力で椎間板のクッションがなくなり背骨が丸くなることで、いわゆる猫背の姿勢になります。

 

このS字がなくなる方は男性の方に多くギックリ腰や椎間板ヘルニアの原因になりえます。

 

逆にS字が多き過ぎる姿勢の方は反り腰になり首が前に出やすく首の痛み、肩こり、腰のだるさが起きやすくなります。

 

この大きすぎるS字の方は女性の方に多く姿勢の崩れから肩こりや頭痛の原因になりえます。

 

日本国民が抱える身体の悩みで男性の方は腰痛が1位に対して、女性の方の悩み1位は肩こりと言われています。

 

この姿勢バランスの崩れの特徴から男性型と女性型にわけることができます。

 

ただこれはあくまでも傾向ですので100パーセントではありませんが、ご自身の姿勢を見直して改善法を考えていきましょう。

 

姿勢のことでお困りの方は当院へお気軽にお問合せ下さい。

 

姿勢について動画説明はこちら

  ↓↓

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

野球肩について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月11日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

5月も中旬に入り、学生の部活動などはシーズン真っ只中だと思います。

 

特に野球は夏の大会に向けて練習を行っているのではないでしょうか?

 

そこで本日はピッチャーに多い障害、野球肩についてお話させていただきます。

〇野球肩について

野球肩とは投球動作によって起こる肩関節のスポーツ障害です。

肩関節に付着する組織(腱や筋、関節包)の損傷で、

痛めた部位によって、肩の前方、または後方に症状が現れます。

 

野球をしている方に多くみられますが、他にもハンドボールや

バレーボール、陸上競技の槍投げなど肩に負担がかかるスポーツ

でも発生します。

 

〇野球肩になる原因

・肩周辺の筋肉の柔軟性の低下

・過剰な投球、肩の使い過ぎ

・投球フォームが乱れている

・野球の場合、ピッチャーをしている

 

〇野球肩の治療

一般的な野球肩の治療は、「安静にする」ことが多いです。

しかし、競技能力が落ちてしまう…。試合に出られなくなる…。

という精神的な面も含めて無理に練習を継続される方がほとんどです。

痛みを取る為の治療はもちろんですが、痛みが起こりにくい肩、

体を作ることが重要です。肩関節周囲の関節、筋肉の柔軟性を

高め、体の負担を最小限にする為のフォーム改善を行います。

 

 

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

骨盤矯正の本当の改善法|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月9日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日はブームにもなっている骨盤矯正についてお話させていただきます。

 

最近骨盤矯正に関しての治療やグッズ、体操、トレーニングなどいろいろ世間に出回り、健康の面でも美容の面にも骨盤が関係がしており、関心が深まっていると思います。

 

逆に骨盤矯正のことが出回りすぎてどれが正解なのかわからない、整体院や整骨院へ行くとボキボキされるイメージがあり、こわいといった方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は本改善型の骨盤矯正についてお話させていただきます。

 

まず骨盤がゆがむとどのようなことが起こってしまうのか?

・腰が痛くなる

・肩こりになる

・首や背中の痛みがでる

・頭痛が起きる

・お尻が痛くなる

・股関節が痛くなる

・足が上がりにくくなる

・足全体がだるい

・疲れやすい

など健康面に対して不調が起きやすくなります。

 

他にも・・・

・姿勢が悪くなる

・痩せにくくなる

・体型が気になる

・足のむくみや冷えがある

・代謝が悪くなる

・便秘になる

・プロポーションが悪くなる

・出産してから産前の体型に戻らない

 

など美容面に関しても不調をきたします。

 

このように骨盤は身体の中心となるところなので身体全体の不調につながります。

 

骨盤を整えることでこれらの不調が解消されるとなれば世間からの注目度も高まるでしょう。

 

ただしこれらは骨盤だけを整えるのではなく身体全体矯正治療することで改善につながるので骨盤だけを治療すれば良いというわけでもありません。

 

さらに間違った骨盤矯正をしてしまうことで逆に悪くなるケースがあります。

 

例えば一番注意していただきたいのは骨盤ベルトなどの矯正グッズです。

 

骨盤の状態は100人いれば100通り状態の違いがあります。

 

グッズなどに関しては同じものになるので必ず身体に合う方と合わない方と別れます。

 

むしろほぼ合わない方が多いと言えるでしょう。

 

それはなぜか・・?

骨盤が歪む現象は骨盤の関節(仙腸関節)が大きく関わっているからです。

 

人間には動きのある動作すべてに関節が関わっています。

 

例えば肩を上げたり肘を曲げ伸ばししたりする動作は関節が正常に働くことによって、その動きが成り立っています。

 

これが正常に関節が働かなくなった時、本来使わないまわりの関節や筋肉でカバーし身体を無理に動かそうとします。

 

これが骨盤の場合だと、仙腸関節が動かなくなるとこれも本来使わない筋肉や関節でカバーしようとするのでそれが日常的に続くと骨盤が歪んでいく原因になります。

 

そこで関節や筋肉に異常がある状態で骨盤ベルトなどを使って骨盤をかためてもその道具をとるとまたすぐに戻ってしまい、むしろ筋肉や関節に異常をきたし、さらに悪い状態へむかってしますこともあります。

 

必ず専門医に見てもらってから自分にあった骨盤矯正を選択していきましょう。

 

当院ではその方に合わせたオーダーメイド式に治療を行っていますので、骨盤が気になる方は当院へご相談ください。

 

当院ではソフトで優しい矯正治療になっておりますのでご安心して施術をうけることができます。

 

骨盤矯正の説明動画はコチラ⇓⇓

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

手首の痛み、腱鞘炎について|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月8日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は腱鞘炎についてお話させていただきます。

 

最近、産後の患者様が来られることが多く、手首の痛みでお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 

産後の方はホルモンバランスの関係もあり関節がゆるくなることで痛みが出るケースが多くあります。

 

さらに子育てなどで手首を使うことからも症状を誘発させる原因にもなります。

 

子育てを続けるためにも適切な治療が必要になりますのでこちらをご覧ください。

 

〇腱鞘炎について

腱鞘とは手足に多くあり、腱がずれないようにするためのトンネルのようなものを言います。

手を酷使すると腱が腱鞘の中を行ったり来たりと移動します。

その摩擦により炎症が起きたものを腱鞘炎と呼びます。

【腱鞘:腱を覆い包んでいる組織】

【腱:筋肉の両端にあって、骨に筋肉を付着させるひも状の組織】

腱鞘のある部位ではどこでも発症しますが、親指に多く起こります。

 

〇腱鞘炎になる原

・手首の使い過ぎ

・重たいものを持つ

・産後に育児や家事などで手を酷使している

・細かい作業を行う仕事(工場、製造業、手芸 等)

 

〇腱鞘炎の治療

炎症が強くある場合はアイシング、固定を行い可能な限り安静に保ちます。

さらに腱や腱鞘に負担を作らないためには、関連する筋肉の

柔軟性を高めることや、関節可動域の改善を図り、痛みが

起こりにくい骨格を作ります。

日常でも手首を酷使するような生活はできる限り避け、

セルフストレッチを行う事で早期改善に繋がります。

 

腱鞘炎にも様々種類があり、異なるのでお困りの方は是非当院へお越しください。

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

GW交通事故に遭われていませんか?|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月7日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は動画を交えて交通事故の治療についてお話させていただきます。

 

交通事故はむち打ち症が一番多く、首まわりの軟部組織を痛めることを言います。

 

先日患者様が事故直後は痛みがなかったけど、だんだんと首に痛みが出てきて事故1週間後には左肩の方まで痛みが出てきたといた患者様がおられました。

 

2週間後には首の痛みがなくなり左肩だけの痛みになったと言い、治療を継続していくうちに3週間後には肩の症状自体楽になったとおっしゃられていました。

 

しかし事故から1か月後にGWで治療期間が空き、生活自体もいつもとは違うことをしたのでまた痛みがぶり返してきたとおっしゃっていました。

 

このように事故から1.2か月間は症状の変化も激しいのでできるだけ通院していくことが大事です。

 

治療を継続し、安定してきた頃に徐々に治療ペースを空けるのが理想です。

 

状態や生活により異なりますが平均は3か月くらいは毎日通院し、そこから徐々にペースを空けていくのが理想です。

 

もちろん症状が続く場合は無理にペースを空けなくても良いですし、逆に症状の緩和が早ければ早い段階で治療のペースを空けることもできます。

 

この方はMRIをとってみると頸椎にヘルニアが出てました。

 

これもヘルニアの度合いにもよりますが、後遺症が残る可能性もありますので、もしもの時のために後遺障害を正式に診断されるように病院にも1.2週に一度は診断を受けた方が良いです。

 

あとはむち打ち症の症状は整骨院が得意分野なので毎日継続しながら治療に専念し、早期回復に努めます。

 

人それぞれでこれが絶対という治療経過はありえませんので状態に合わせ、臨機応変にしていきましょう。

 

その時の状態を見ながら当院はオーダーメイド式に治療を行っていきます。

 

見極めが大事なので事故に遭われた方はお早めにご相談ください。

 

 

交通事故治療についての説明動画はこちら⇓⇓

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓

ゴールデンウィークは捻挫など怪我に気をつけましょう|高砂 まえかわ整骨院

2018年05月2日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日5/2はゴールデンウィーク真っ只中で外に出かけられることが多くいらっしゃると思います。

 

普段の生活と異なったことをして、怪我をしてしまわないように注意しましょう。

 

一番多い怪我の例でいうと足首の「捻挫」です。

 

先日患者様で、バーベキューをしている時に川で遊んでいる時に足首を捻って捻挫してしまったという方がいらっしゃいました。

 

足首の捻挫は度合いにもよりますが直後の治療がかなり大事になってきます。

 

軽いから大丈夫と自分の感覚だけでは決めてしまわずしっかりと治療していきましょう。

 

後々痛みがひどくなったり、捻挫が癖にならないよう気をつけるように治療していきます。

 

まず捻挫の処置としてはRICE処置を行います。

 

R・・・(Rest)安静、患部を動かさない

怪我直後から痛めた部位の靭帯や細かい組織などの修復作業が始まります。

しかし、患部を安静させずに運動を続けることで患部にストレス、負担がかかってしまい修復作業が遅れます。

その遅れが結果的に完治を遅らせしかも靭帯などの組織が伸びきった状態になってしまい、捻挫癖などがつく原因になります。

 

I・・・(Ice)アイシング、患部を冷やす

冷やすことで痛みを緩和させることができ、また血管を収縮させることによって腫れや炎症を引かせることができます。

 

C・・・(Compression)圧迫、患部を圧迫させる

適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症を引かせることができます。

 

E・・・(Elevation)挙上、患部を上にあげる

心臓より高い位置に挙上をすることで重力を利用し腫れや炎症を引かせることができます。

 

足首の捻挫が癖にならないようには正しい治療が必要です。

 

捻挫してしまった方は早期治療が必要ですのでお気軽に当院にお問合せ下さい。

 

その後のリハビリも行って根本改善するようにしましょう。

 

スポーツ中に足首をいためてしまった男性のイラスト|高砂市まえかわ整骨院

 

tel:079-432-3033
メールでのお問い合わせはコチラ
まえかわ整骨院(公式HP)
高砂交通事故治療
LINEでご予約できます!⇓⇓


1 2 3 4 5 6