ゴールデンウィークは交通事故に注意|高砂市 まえかわ整骨院

2018年04月23日

こんにちは!高砂市で、根本治療をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

日に日に暖かくなってきましたね!

 

4月も終わりに近づき、もうすぐゴールデンウィークですね!

 

ゴールデンウィークは車で出かけられる方も多くいらっしゃると思います。

 

毎年交通事故件数が増える時期でもありますので注意してください!

 

万が一交通事故に遭われてしまった場合は冷静になることが大事です。

もしも交通事故に遭われた場合はまず、第一に警察に連絡し、事故状況を話します。

 

事故状況の加害者と被害者の意見が相違しないように周りの方の証言があれば正しい状況を伝えることができますので協力してもらえれることができれば良いでしょう。

 

その状況次第で過失割合が決まりますので注意が必要です。

 

この時にもめるケースがありますのでもしもの時のためにドライブレコーダーを取り付けるのも一つの手です。

 

次に相手側のナンバーや連絡先は必ず控えるようにしましょう。

 

相手側の保険会社も控えてください。

 

今後治療をする時は必要な書類になります。

 

この時にまれに相手が保険会社に入っておらず、自賠責保険が使えないかも・・となるケースもありますのでそのような時は被害者請求をするか、弁護士特約に入ることが一つの手です。

 

面倒な手続き、対策など弁護士特約に入っていれば大きく変わってきますので基本的に特約に入ることをおすすめ致します。

 

交通事故には保険の手続きや治療には正解がありません。

 

様々な事故状況でのケースバイケースになりますのでもしもの時は当院へお気軽にご相談ください。

 

診療はカレンダー通りさせていただいていますので4/29、5/6は通常通り診療させていただいています。

 

ゴールデンウィークに事故に遭われた方はお早めにご連絡ください。

交通事故のイラスト|高砂市まえかわ整骨院

 

筋・筋膜調整のご案内|高砂市 まえかわ整骨院

2018年04月21日

こんにちは!高砂市で根本治療を行っているまえかわ整骨院です。

 

本日は当院で行っている筋膜調整についてお話させていただきます。

 

筋・筋膜調整のご案内

 

筋・筋膜の柔軟性の回復のため、当院では筋・筋膜調整(ソフトティシューモビリゼーション、ストレッチなど)をおこなっております。

 

※筋・筋膜の固さが体に及ぼす悪影響

筋・筋膜の固さは、痛みやしびれ、その他不快な症状の要因となります。

筋・筋膜が固くなることで、血行不良となって発痛物質が蓄積して痛みを出したり、関節や腱などの周辺の組織に余計な負荷が掛かることで関節の安定性がなくなり症状を出したりします。

筋・筋膜の固さは、放置していても回復することがほとんどない為、積極的に柔軟性をつけていくことが大切です。

※治療について

筋・筋膜の柔軟性の回復は、生理学的にみて最低3か月は必要と言われています。

関節の3㎜の引っかかりの解消は最低3週間程度なので、いかに筋・筋膜の回復の遅いかがわかります。

また、筋・筋膜の柔軟性の回復は、筋・筋膜を伸ばしていくことが基本となりますが、骨との付着部付近や小さい筋肉はストレッチなどの運動によって伸ばすことが困難です。(イメージとしては、小さい隙間やパッキンなどの継ぎ目の掃除が大変なのと同じです)

そこで、硬くなった部分を狙って「押し伸ばすことで」、筋・筋膜柔軟性の回復を効率よく図るのが筋・筋膜調整です。

※予防施術について

筋・筋膜の柔軟性の回復および定着に時間がかかる為、最初は週に1回程度の施術を複数回うけていただくことで予防医学につながります。

 

あらゆる症状や身体の歪みの改善のためにもこの筋膜調整は必要です。

 

例えば骨格だけの調整ではまた筋肉の硬さにより身体はまた歪もうとする力が働きます。

 

元の悪い状態を戻らないためにも身体に定着させることが大事です。

 

根本的に治療するということはそのようなことを意味するので痛みなど繰り返さないためにも筋肉、筋膜から調整していけるようにしましょう。

 

 

足底筋膜炎について|高砂市 まえかわ整骨院

2018年04月20日

こんにちは!高砂市 まえかわ整骨院です。

 

本日は足底筋膜炎についてお話させていただきます。

 

足底筋膜炎について

足裏にある足底筋膜に炎症や変性を起こした状態を指します。

 

歩行やランニングでかかとから足裏にかけて痛みが出てくるのが一般的な症状です。

 

繰り返し行われるランニングやジャンプ、長時間の立ち仕事などで足底筋膜が過度に伸ばされることによって発症します。

 

症状が酷くなると歩行障害も見られます。

 

足底筋膜炎になる原因

・偏平足、足首が硬い

・立ち仕事が多い

・歩行、ランニング時につま先、足裏全体で着地している

・合わない靴を履いている

 

足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎は足首の関節の動きに制限があることや、足底のアーチが崩れてしまうことによる痛みが多くみられます。

 

足関節の可動域の改善や、筋肉の柔軟性アップ、足底部のアーチを定着させることで痛みの改善を図ります。

 

また、歩行状態の改善と、体重のかかり方に偏りが起こらないために、姿勢の改善を行うことにより再発防止に繋がります。

 

足底筋膜炎はランニングなどをしているアスリートにも見られますが、主婦の方などでもみられることもあります。

 

特に足首の伸展動作が正常な動きよりも硬い方に多くみられます。

 

原因としては足首が伸展しないために、極端に言うとつま先着地になります。

 

つま先着地になると足の裏の負担が大きくなりそれが日常的に続くことで足底筋膜炎になります。

 

足首の伸展動作の正常な角度は25度と言われています。

 

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋など)が硬くなったり足首の関節自体が硬くなると25度まで動かなくなります。

 

当院ではその目安をはかるためにもストレッチボードをおいております。

 

 

ふくらはぎの柔軟性は足首、膝にも関係するところなので非常に大事なところになります。

 

他にも身体全体のバランス冷え、むくみなどにもかかわります。

 

足底筋膜炎、足首が原因かもしれませんので一度このストレッチボードに乗って目安をはかりましょう。

 

お困りの方は足底筋膜炎を根本的に治療しているまえかわ整骨院へお越しください。

 

肩こりの根本治療について【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月18日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療おこなってます、まえかわ整骨院です。

 

 

4月は新シーズンで忙しくなり、肩こりがひどくなる患者様が増えてきました。

 

まず当院からご提案です。

 

肩こりになると今までマッサージなどで肩をほぐしていた方、

 

肩こりにならない身体を作ってみませんか?

 

本日は肩こりの根本治療についてお話させていただきます。

 

肩こりの原因としてあげられるのは大きく二つあります。

 

まず一つ目は「姿勢の崩れ」です。

 

例えば姿勢には正常な姿勢の位置があり、横からの姿勢を見た時に耳の位置と肩の位置がまっすぐになっているのが正常な姿勢です。

 

これが何かしらの原因で首や肩が前に出ることで猫背姿勢になり、肩の筋肉を緊張させてしまい、硬くなり、いわゆる‘‘コリ‘‘を作る原因になります。

 

この姿勢を根本的に改善することでコリを作らない状態を作ります。

 

そうすることで日常的に肩こりにならない身体を作ることができます。

 

姿勢の説明はこちら↓↓

 

耳と肩の位置が一直線になり正しい姿勢です。⇓⇓

肩が耳の位置よりも前に出て姿勢が崩れている状態です⇓⇓

肩の位置よりも首が前に出て姿勢が崩れている状態です⇓⇓

 

そしてもう一つの大きな原因になるところは首や肩の「関節の動き」です。

 

人間の関節にはどこの部分にも正常に動かないといけない角度があります。

 

例えば肩の動きで言うと肩を上にあげる時、耳の横で上まであげることができて正常な動きです。

良い例⇓⇓

これが正常な動きに達していなかったとすると肩が上がらなかったり肩と耳との間に隙間がうまれます。

悪い例⇓⇓

このように関節の動きが正常よりも低下している時、常に肩の関節をまたいでついている筋肉は緊張している状態になります。

 

これもいわゆる‘‘コリ‘‘を作る原因になります。

 

首の関節も同様で首は上下右左と50~60度まで動かせて正常な動きです。

 

これも正常な動きに達していない時、筋肉を硬くし、コリを作る原因になります。

 

首や肩の関節は首から肩にかけて筋肉がついているのでどちらも肩こりに影響します。

 

さらに肩甲骨なども肩まわりの筋肉はすべてつながっているので原因の一つになります。

 

このように肩こり一つでも姿勢の崩れが原因なのか、関節の動きが原因なのか人それぞれで違ってきます。

 

さらに姿勢はどこの崩れか、関節はどこの関節が原因なのかなど細かく違いがあります。

 

当院では肩こりを根本的に改善するためにその方に合ったオーダーメイド式の治療を行っていきます。

 

肩こりを根本的に改善したい方はお気軽に当院へお越しください。

 

肩こりについての動画説明はこちら↓↓

 

 

 

〒676-0805
兵庫県高砂市米田町米田92-2
まえかわ整骨院

交通事故治療の経過【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月17日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は交通事故治療の経過の仕方についてお話させていただきます。

 

先日、信号待ちをしている時に後ろから追突され、首がむちうち症になった方がおられました。

 

その方は助手席に同乗者の方もおられ、その同乗者の方はぶつかった直後から首に痛みが出たとおっしゃっていました。

 

運転手の方はパニックでその時は全く痛みを感じなかったとおっしゃっていましたが、次の日に首が痛くなり、それでも大丈夫だろうといつも通り仕事を続けておられました。

 

1週間以上たつとさらに左肩も痛くなり首の痛みも増してきました。

 

2週間たつと寝ている時にも痛みが走り、起きてしまうような状態でした。

 

そこで我慢できずに当院へ来られましたが、毎日、日によっても身体の状態が違うような状態でした。

 

首、肩の関節、筋肉に損傷部位があり、動きが固くなっている状態でしたので日によっても痛む部位や痛み方は安定しません。

 

このように交通事故の症状は直後に出ず、後に出るケースはそんなに珍しくありません。

 

無理をすればする程、痛みも増し、治りも遅くなるので交通事故に遭われた方はまず病院や整骨院にご相談ください。

 

この方はまだ2週間だったのでこれから治療を続け根本治療を行っていきます。

 

1か月後に症状が出る方もいますので検査で異常がないかだけは行ってください。

 

期間が空くと治りもそうですが、病院にも通院していないと自賠責保険適用にならない場合もありますので注意してください。

 

むちうち症は電気や温めることは対処療法にはなりますが根本治療にはならないので治ることはまずありません。

 

骨に異常がなくとも筋肉や細かい組織による痛みに関しては整骨院が得意とするのでまずはご相談してください。

 

高砂市まえかわ整骨院交通事故治療イメージ

 

 

〒676-0805
兵庫県高砂市米田町米田92-2
まえかわ整骨院

慢性的な痛みが出る原因について【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月14日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は慢性的な痛みが出る原因についてお話させていただきます。

 

普段の生活で快適に「動く」ことができますか?

知らぬ間にできた3㎜の引っかかりで痛み、症状、健康などに影響します。

 

痛みやしびれなどの症状も、快適な生活を送ることが難しいのも、関節にできた3㎜の引っかかりが原因の一つです。

 

*なぜ3㎜の引っかかりで痛くなるのか?

 

一般的に、痛みやしびれ、なんとなく疲れが取れないなどの不快感は、身体のゆがみ、身体の硬さ、骨や関節などの変形などによって起こるとされます。

 

しかし、身体のゆがみがあっても、硬くても、骨や関節の変形がみられても、痛みやしびれなどの症状もなく、快適な生活を送られている方もいらっしゃることが医学的に報告されています。

 

身体の歪み、硬さ、変形などは、痛みやしびれ、不快な症状の絶対的な原因ではないと考えられています。

 

そこで、大切になるのが関節に3㎜引っかかりがあるかどうかです。

 

関節は精密な「動き」によって、曲げたり伸ばしたり捻ったりといった動きを可能にします。

 

この精密な「動き」は、関節にわずか3㎜の引っかかりができると機能しなくなります。

 

つまり、十分な曲げ伸ばしもできない状態で、「正しく動け」なくなるのです。

 

痛みやしびれ、生活での不快感などを感じる方は程度の差こそありますが、3㎜の引っかかりがあります。

 

※治療について

私たちの治療は、この3㎜の引っかかりを取り除くことからスタートします。

 

3㎜の引っかかりを取り除くことで、身体が正しく動けるようになります。正しく動けるようになった体は症状の出ない体といえます。

 

しかし、3㎜の引っかかりはクセになっていることがほとんどなので、関節の精密な動きを維持していくために定期的に治療を行っていきます。

 

3㎜の引っかかりグセの程度は個人差もありますので、一定のペースで複数回施術を行うことで、3㎜の引っかかりは出てこなくなります。

 

当院で行っている根本治療は引っかかりの癖がなくなるように続けていくことで良い状態が身体に染み付きます。

 

当院の『根本治療』が気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

足のしびれ 脊柱管狭窄症について【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月13日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は腰の痛み、症状、だるさ、足のしびれなどがある脊柱管狭窄症についてお話させていただきます。

 

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎(神経)の通り道である脊柱管が腰椎や靭帯の変性によって狭くなることを言います。

 

脊柱管が狭くなると神経が圧迫され、お尻や足に痛みやしびれなどの症状を起こします。

 

典型的な症状としては間欠性破行が見られます。

 

【※間欠性破行:10~15分程歩行:10~15分程歩行を続けると痛みやしびれが起こり、少し休むと症状が軽くなりまた歩行可能となる症状のこと】

 

加齢により脊柱管が狭窄されることが多く年齢を重ねるとなりやすいとも言われています。

 

 

腰部脊柱管狭窄症になる原因

・日常生活での不良姿勢(腰が反りすぎている)

・運動不足/過度な運動

・急激な体重の増加

・腰、お尻、足の筋肉が固い

 

腰部脊柱管狭窄症の治療

狭くなってしまった脊柱管を手術で広げるのではなく、

脊柱管狭窄症の原因となっている腰及び骨盤の歪みを整えます。

 

その結果神経の圧迫が無くなり、痛み・しびれを改善させることが出来ます。

早期改善・再発予防の為に筋肉の柔軟性を高め、脊柱全体の姿勢(アライメント)を整えます。

 

脊柱管狭窄症は手術以外にもいくつも治療法はありますので、長く歩けない、腰がだるい、おしりや足にしびれがあるなどの症状がある方は脊柱管狭窄症の疑いがありますのでお困りの方は当院へお越しください。

 

 

交通事故治療信頼の7条件【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月11日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

むち打ち・交通事故治療

 

あなた自身の交通事故・大切なご家族・お知り合いの交通事故の際に知っておきましょう。

 

1.自賠責保険、任意保険などを適用できます

 

2.交通事故治療の専門家による安心で誠実な治療を提供

 

3.他の医療機関からの転院受け入れが可能

 

4.病院に受診しながらの通院や転院も可能

 

5.徹底的な個別対応治療で、一緒に症状改善を目指します

 

6.保険適応の面倒な手続きや複雑な保険会社との交渉のご相談も承ります

 

7.最適な通院目安をお伝えし、治癒のサポートをいたします

 

 

~こんなときは当院へご相談ください~

 

被害者として困っている

 

・交通事故に遭い、首や体の調子が悪い

 

・病院に通っているが、一向に良くならない

 

・事故後の対応で保険会社とのやり取りや加害者との話し合いで困っている

 

加害者として困っている

 

・事故を起こしたが、保険の使い方がわからない

 

・被害者へどのように対応したらよいかわからない

 

家族や友人などが交通事故で困っている

 

・どのようなサポートをしてあげればよいかわからない

 

・日常生活でケアしないといけないことを知りたい

 

・治療方法について参考になる情報が欲しい

 

~交通事故治療の流れ~

 

1.問診・カウンセリング

痛い部位や事故の様子を具体的にお伺いしながら、治療計画を立てます。

 

2.施術スタート

症状により様々ですが、器具を使用したり、手技による治療を行います。

 

3.状態の説明と最適な治療計画のご提示

現在の状態、治療方法や日常生活での注意点などを詳しくご説明いたします。

 

4.施術終了

整骨院は厚生労働省の許可を得ており、自賠責保険を適応した施術が可能ですので、患者様の負担金はありません。

 

万が一に備えて交通事故治療の正しい知識を持ちましょう!

 

 

腰痛が出る原因について【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月9日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は腰痛が出る原因についてお話させていただきます。

 

腰の動きはかがむ、そる、ひねる、まわす、など可動範囲が広く身体の中心部分になるので負担がかかりやすいところです。

 

腰は腰の骨の腰椎が5つ連なっています。

 

ここがいわゆる腰の腰部と言われるところですが、実は本来この腰骨(腰椎)の関節はほとんど腰の動作で機能しません。

 

腰のひねったりまわしたりと複雑な動きを出す時には周りの関節を連動して動かしています。

 

腰の周りの関節は胸椎7コ、骨盤にある仙腸関節、股関節、とあらゆる関節を連動させて成り立っています。

 

胸椎、腰椎、仙腸関節、股関節の写真はこちら↓↓

 

 

そのどれかの機能が低下すると本来使わない腰の部分でカバーしようとするのでそれが日常的に負担になり痛みにつながります。

 

その中でも特に仙腸関節は大きく関わるので腰痛を感じる方の8割くらいの方は仙腸関節に異常があると言われています。

 

よく身体、骨盤が歪むと腰痛になると言われますがその歪む過程を作っているのがこういった関節の動きの低下です。

 

関節が本来の動きよりも低下すると他の関節や筋肉でカバーすることになり身体を歪ませる原因になります。

 

それにより筋肉のねじれなどが起こり慢性的な腰痛につながりやすくなります。

 

こうなると痛みが出ることにより動かない、硬くなる、また痛みがでるといった悪循環になります。

 

当院では腰の痛みがあるからといって腰自体マッサージや電気などをするわけではなく、その原因となっているところから改善することで痛みの出ない身体作りを行っています。

 

お悩みの方は当院へご相談ください。

 

腰痛が出る原因の説明動画はこちら↓↓↓

 

 

 

変形性股関節症の改善方法【高砂市 まえかわ整骨院】

2018年04月7日

こんにちは。高砂市で、根本治療・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ障害治療・美容整体をおこなってます、まえかわ整骨院です。

 

本日は変形性股関節症についてお話させていただきます。

 

先日立ち仕事をされている女性の方で変形性股関節症の痛みでお悩みの方がいらっしゃいました。

 

変形性股関節症は女性の方に圧倒的に多く、股関節の関節窩が浅いことが原因で変形することがあります。

 

筋力の弱さなども原因の一つです。

 

その方は足が上がらず、股関節をかばうように生活するようになり、膝にも違和感が出始めたということでした。

 

その方の股関節、膝の状態をみると正常な可動域(動き)よりも範囲がせまくびっこを引くような歩き方になっていました。

 

一つ関節がおかしくなると身体がかばおうとするので痛みにつながります。

 

〇変形性股関節症について

変形症股関節症は、股関節の軟骨がすり減ったり骨にトゲが生じたりすることで、股関節が変形することを指します。

また、股関節痛を放っておくと股関節の可動範囲に制限がかかり、変形をきたす場合もあります。

〇変形症股関節症になる原因

・慢性的な股関節症がある

・先天性股関節脱臼/臼蓋形成不全

・歩行の乱れ

・骨盤の歪み/筋肉の柔軟性低下

 

〇変形性股関節症の治療

変形してしまったものを正常な状態に治すことはできませんが、

変形があっても痛みのない状態を目指して施術および

指導・アドバイスをすることは可能です。

 

股関節周辺の柔軟性を高めるために、ストレッチや関節を

可能な範囲で動かすなどで、症状の改善を図ります。

 

変形性股関節症でお悩みの女性の方も関節の機能を働かせることで歩き方そのものに変化があり負担が減りました。

 

このように関節の働きを100パーセント作ることで症状はを緩和させることはできますので手術しかないと思っていた方も是非一度当院へご相談ください。

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9